弁護士費用について

  • Top
  • 弁護士費用について

弁護士費用について

1 相談 30分ごとに5400円(消費税込み)

2 着手金・報酬金(消費税が別途必要です。)

     裁判手続の場合、審級ごとに着手金が必要となります。

(1) 債務整理以外の事件
ア 着手金
      経済的利益300万円以下 経済的利益の8パーセント ただし、最低10万円
      経済的利益300万円~3000万円 経済的利益の5パーセント+9万円
      経済的利益3000万円~3億円 経済的利益の3パーセント+69万円
      経済的利益3億円を超える場合 経済的利益の2パーセント+369万円

イ 成功報酬 アの2倍を目安とする

(2) 債務整理事件
ア 着手金
     任意整理事件 1社 3万円
     事業者の個人破産 50万円以上100万円以下
     非事業者の個人破産 20万円以上50万円以下
     会社整理     100万円以上
     事業者の民事再生 100万円以上
     非事業者の民事再生 30万円以上
     小規模個人再生及び給与所得者再生 30万円以上
イ  成功報酬
     任意整理事件 減額額の10パーセント
     過払金については、24パーセント
     その他はアに準ずる

(3) 離婚事件
ア 着手金
     交渉・調停事件 20万円以上50万円以内の範囲内
     訴訟事件 30万円以上60万円以内の範囲内
     財産分与、慰謝料の事件については、別途上記(1)に準じる
イ 成功報酬 アに準ずる

(4) 境界に関する事件
ア 着手金
     30万円以上60万円の範囲内 (土地家屋調査士費用が別途必要)
イ   成功報酬
     アに準ずる

(5) 刑事事件
ア  着手金
       起訴前 20万円から50万円の範囲内
       起訴後 20万円から50万円の範囲内
                起訴前から受任しているときは、協議して別途定める
       保釈・勾留の執行停止・抗告・即時抗告・準抗告・特別抗告・勾留理由開示等の申立て                 別途定める額
イ 成功報酬
      不起訴 20万円から50万円の範囲内
      求略式命令 20万円から50万円の範囲内
      無罪  50万円以上
      刑の執行猶予 20万円から50万円の範囲内
      求刑された刑が減軽された場合 軽減の程度による相当額
      検察官上訴が棄却された場合 20万円から50万円の範囲内
      保釈・勾留の執行停止・抗告・即時抗告・準抗告・特別抗告・勾留理由開示等の申立て                   事案により協議して予め定める額
 
(6) 告訴・告発・検察審査の申立て・仮釈放・仮出獄・恩赦等の手続
       着手金 1件につき、10万円以上
       成功報酬 事案により協議して予め定める額

お問い合わせは、072-856-4567 まで
お電話ください。
 
お問い合わせ
Pagetop